家の中古ならではのメリットを把握しておこう


家の中古ならではのメリットを把握しておこう。家の購入を検討する際、新築だけではなく、中古という選択肢もあるわけですよね。新築は魅力的なものですが、中古物件も捨てたものではありません。ということで中古物件ならではのメリットについて紹介したいと思います。

【家の中古メリット①】場合によっては新築の半額以下にも

家の中古物件の大きなメリットといえばやはり価格面でしょう。非常に新しい築5年以内の物件の場合は、新築よりも200万円~300万円程度安く、比較的まだ新しい築6年~10年以内の物件の場合は700万円~800万円程度安いといわれています。更に築21年を超えるような中古物件は、新築当時の半分以下の価格で購入できることがあります。予算が数百万円レベルで浮くというのは非常に魅力的なことでありますよね。

【家の中古メリット②】リフォームやリノベーションが可能

家の中古物件のメリットとして、リフォームやリノベーションが可能である点は見逃せません。もし自分の希望通りの家を建てたいという場合は、当然新築という結論になるのですが、中古物件であってもリフォームやリノベーションを行えば自分の希望通りの家にすることができるのです。参考金額としては、30坪2階建ての中古物件をフルリフォームした場合で1500万円程度かかるといわれています。もちろん一部だけを修正して安く済ませるのも手ですし、更なる性能を目指してリノベーションとすることも可能です。場合によっては中古なのに自分の思い描く家を手に入れることができるかもしれません。

家の中古物件関連情報